ペンダントライトの理想的な長さ ダイニング編

ダイニング照明をご検討中のお客様に、ペンダントライトの長さについてよくご質問を受けます。

一般的には、テーブルの上からペンダント照明の下まで60~80㎝が適正な長さと言われており、低く吊るした方が、見た目にも美しいのは歴然です。

ペンダントライトを低く吊るす理由

低く吊るしたペンダントライトは見た目に美しいだけではありません。

高く吊るした場合は、ダイニング上部から広範囲が明るくなりますが、一方で手元が暗くなります。食事を摂ったり、書き物をしたり、細かい作業をするテーブルの上は、照明をなるべく低く配置することで明るさを確保します。

立ち上がった時に頭をぶつけないか、眩しすぎないか、と心配する方もいらっしゃいます。大体テーブルの中央に照明があるので、立ち上がる際に頭をぶつけることはさほど気にならないと思います。それよりも、手元がより明るいほうが日々の暮らしを快適にします。

<低く吊るすメリット>
〇見た目の美しさ
〇手元を明るくする

 

オーセンテリアのおすすめの高さは75~80cm

オーセンテリアでは、テーブルの上からペンダント照明の下までの長さを75~80㎝でお勧めしています。プロのコーディネーター様にも、最もよくお選びいただく長さです。

テーブルまで75㎝程の距離があれば、適度な照度を保ちながら美しい見た目も楽しむことができます。

オーセンテリアで取り扱います『キュリオーサ&キュリオーサ』は、ガラスシェードのため光を透過し照明の上部や側面も明るく照らします。電球までの75㎝~80㎝の距離があれば、電球の光が直接目に入って気になることもありません。また、私達日本人の場合、テーブル上でお鍋やホットプレート等を使用することもありますので、照明までの空間がある程度確保した方が、安全面やお手入れの面でも安心です。

サロン展示例

サロンでは、5灯のペンダントライトを220㎝のダイニングテーブルに山型に高さを変えて吊るしています。こうすることで、手元の照度と全体の照度が確保され、また空間にリズム感が生まれます。(カラーはシックな色味で落ち着いた大人な空間を演出しています。)

 

ペンダントライトのサイズの決め方

テーブルと照明の間隔の希望の長さが決まれば、以下の計算でペンダントライト自体の長さを決めることができます。

ペンダントライトの長さ = 天井高 ー テーブルの高さ ー 希望のテーブルと照明の間隔


オーセンテリアでは、『キュリオーサ&キュリオーサ』ペンダントライトの長さや吊るし方のご相談も承っております。2Dドローイングを作成することもできますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ペンダントライトの配置や吊り下げ方については、以下の記事でも詳しくご説明しております。ぜひご覧ください。

関連記事